■T−da事務局 : 奈良県奈良市
ダイビングチームT-daは、2004年に活動を開始した非営利ダイビングチームです。老若男女、ベテラン、ビギナー問わずで海が純粋に好きなダイバーの集まりです。
 トップページ
Top Page
 スタッフ
Staff
 ファンダイブ
Fan Dive
 
 ライセンス講習
Licence
 お問合せ・予約
Contact Us/Reservation
 ダイビングログ
Log
お薦めグッズ
Goods
 
ダイビング豆知識
Trivia
 
ダイビングポイント
Diving Point
 
  お得情報
Profitable information

こいつは優れもの!!ランキング
       必要なし
★★      いまいち
★★★     良い
★★★★    結構使える
★★★★★   これは必須

第10弾:100m防水 1000ルーメン LEDライト 4段切替(CREE XM-L T6)        ★★★
今までのダイビング用のコンパクトライトとは比較にならない明るさです。ちょっと前までのバッテリー式の大型ライトくらいの明るさを実現。全長わずか15cmのコンパクトサイズでありながら、その明るさはなんと1000ルーメン!大型のダイビングライトをも凌ぐ明るさです!
コンパクトゆえに軽さはわずか
241g(バッテリー、ストラップを含む)。水中のみならず陸上でも大いに活用できます!本体もアルミの削り出しで、軽いけど頑丈です。
明るさの調整は4段階あり、その操作はいたって簡単!本体を握ったままヘッド手前のリングを回すだけ!
LEDも安心のCREE MX-Lなのに、価格も驚くほど安く、メインライトとしても十二分です。


第9弾:マスクストラップカバー(T-daオリジナル) ★★★
T-daオリジナルのマスクストラップカバーを作成しました。オレンジベースにグレーの縁取りで新しいイメージのT-daロゴをシルク印刷しました。限定50枚でお世話になっているウェットスーツ屋さんに作ってもらいました。みんなで潜るときっと目立つと思います。ご希望の方、実費1,500円/枚でお譲りします。(先着順)


第8弾:サンヨー デジタルムービーカメラ「Xacti」&エポックワールド ハウジング        ★★★★
デジタルカメラもいいけど、水中でもコンパクトにデジタルハイビジョン撮影をという方はサンヨー社製デジタルムービーカメラ「Xacti」シリーズとエポックワールドのデジタルハウジングで簡単に可能になります。デジカメ+ハウジングとあまり変わらない価格にて手軽に水中ビデオ撮影が出来ます。安価で世界最小・最軽量の「Xacti」の特性をそのまま水中でもお楽しめます。ユニークデザインで好評のサンヨー社製デジタルムービーカメラ「Xacti」シリーズの特性である『片手で、手軽に、静止画及び動画の撮影を』 が可能な"握って撮る”ということをそのまま水中にて再現出来ます。


第7弾:シェイカーポインター(指示棒とダイビングベルが1つになったベルスティック)★★
『指示棒』は、水中で珍しい生物等を見つけたときバディにベルで知らせて、スティックで場所を教えるのに便利なツールです。 また『ベル』はBCD等に取り付け、コミュニケーションの取り難い水中でグループやバディに合図を送るのに便利です。今まではそれぞれをバラバラで取り付け、BCD周りがゴチャゴチャしていて肝心な時に使えないというようなこともありましたが、これなら一石二鳥です。


第6弾:GULL Gシリーズの最高峰マンティスLV ★★★
見た目は他のマスクと殆んど変わりはありませんががスゴイのは内容量110cc。なんと従来のマンティスの約半分の内容量。つまり、今までの半分の息の量でマスククリアが出来てしまう計算です。マスククリアが苦手な方にもオススメです。それだけでななく、視野も格段と広くなっています。特にレンズが10度下向きに傾けてあるので、胸元が見やすく設計されています。今まで使ったマスクの中ではフィット感、フレームデザイン、レンズ形状、顔あたりのフィット感など、全てにおいて、最高のスペックです。


第5弾:水中カイロ 
なんと!水中で使えるカイロです。もともとはサーファー用だと思うのですが、冬場のダイビングでも十分使用できます!
※上手く探すと2000〜3000円くらいで購入できると思います。
●使い方:
1.カイロの中の金属盤をカチッと音がするまで2〜3回軽く押し曲げます。すると内容液が白く結晶化し、熱を発します。
2.軽くほぐすと約50℃の温かさが持続します。(約60分〜90分) 1個で1ダイブに十分使えます。
3.使用するときは、付属ウエストベルトのポケットに入れてご使用下さい。
●再利用方法 :冷めて硬くなったカイロは、温めると元の透明な状態に戻り、何回も繰り返し使用出来ます。
1.沸騰したお湯の中に入れ、白い結晶が完全に無くなるまで (約5〜10分)布等で包み、暖めて下さい。
2.その後、流水等で冷し、熱をとれば再利用できます。


第4弾:GULL スーパーミュー フィン ★★★
今までは、同じGULLのWarpを愛用していましたが、スーパーミューも足全体を包み込むように設計してあり、Warpに引けを取らないくらい自分の足の延長の様な感覚で泳ぐことが出来ます。究極のフィン機能を追及しているミュー。そのしなやかさと使い易さにダイナミックさを加えたのがスーパーミューです。新リブ形状とブレードデザインにより、かつてないスピードとトルクのバランス感は素晴らしい。異種ラバーのハイブリッド(融合)により、更なるしなやかさと力強い粘りが実現しています。




@イージー ターンアップ
めくれたかかと部ポケットに容易に指が引っ掛けられるよう新システムを採用。フルフットフィン装着時の煩わしさが一気に解消。
A3次元ポケット

アキレス腱部のホールド性を向上させることでダブつきを押さえる3次元ポケットラインを採用。抜群のホールド性と最高のフィット感を実現。

Bリブ形状に関して

ミューフィンよりもリブ形状を強化(リブの高さを増やしたことにより)ブレード全体の反撥を良くし、しっかりと水を捉えることでフィンの横滑りや、ブレードのネジれも解消されています。
Cサイド スリップ ストッパー

サイドスリップストッパーが標準装備。岩場など足場の悪い場所からのエントリーでも確実に足元をグリップしてくれます。

Dブレード先端カットライン

水切りの良さを考えたブレード先端形状、反撥復元力時間を短縮させることでフィンワーク時の連続動作をよりスピーディーにかつ効率よく行うことを可能になっています。



第3弾:次世代ダイビングメインライト bnr3x ★★★
コンパクトで且つ、強力なライトを探していましたが、最高のライトに出会いました。東芝製の水中ライトを改造した物でLED52灯により、かなりの明るさです。また、シングル球のHIDや電球は1球切れたら真っ暗ですが、多灯式のLEDライトなのでとても安心です。今回、地形ポイントの多い宮古島で使用しましたが、洞窟の中でも驚きの明るさで、超強力なバッテリー式のライトにも引けを取らない明るさを発揮しました。しかも、軽量で手首に掛けても軽くて邪魔にならず、またBCのポケットにも十分入るし、手放せないライトになりそうです。
【GOOD POINT】
●1ダイブ1時間と計算して、余裕をみて1時間15分以上点灯可能。
●1時間15分を超えて暗くなっていく時は、徐々に暗くなっていく事。
●単3乾電池4本で、どこでも補助電源を確保可能。
●コンパクトで、BCのポケットに入れていつでも携帯可能。
●ダイビングのメインライトとして使用可能な明るさを備えている事。
●強化Oリング採用で防水性能が水没にも安心

■■■ 商品説明 ■■■

● 東芝の水中ライトK-243/K-343A/BK-345をベースに改造しされた物です
● 高輝度白色 LED 52灯、波長の短い白色LEDの採用し、投光距離がかなり長く100LEDに近い明るさです。
● 単3電池4本仕様です。
● LED耐久時間は5万時間。ハロゲン球の寿命は30時間
● LEDユニット部分はアルミ削
り出しの為故障知らず
● 耐水深度/ 50m
● 直径70mm×長さ120mm の、超小型コンパクトサイズ、重量は、約145グラム(バッテリー除く)
● ベースは東芝製のライトですから補修部品の入手が容易
● 万一、水中ライトが破損しても内部LEDユニットは同型ライトに移し替え可能


第2弾:アポロ タンクホルダー ★★★
S−PROのタンクセットの際はサービス毎にタンクの太さが違ったり、その都度マジックテープをはがして微調節に苦労されている方も多いんじゃないでしょうか?以前から気になっていたAppoloのタンクホルダーを試してみました。写真のようにとても簡単にタンクをホールドすることが出来、且つ濡れたら若干伸びるベルトでタンクがずれる事のないよう約50kgのバネの力でタンクを締め付けるんです!これならS−PRO初心者の方でもラクチンセッティングで外れる心配からも開放です。機会があれば一度試してみては如何でしょうか!
既存のタンクホルダーベルトを外して差し替えるだけですので市販されているほとんどのBCへの取り付けが可能です。



←このスプリングが締め付けてくれます










←最後はハンドルを倒してガッチリホールド完了


第1弾:アポロ バイオフィルター ★★
レギュレターでエアを吸うと少し排気ガス臭かったり、喉が乾燥するということがあると思います。アポロのバイオフィルターを半信半疑で使ってみたのですが、大きな変化は感じなかったのですが、喉が渇くということやガス酔いしそうな気持ち悪さはあまり感じなくなったという気はします。あらゆるタイプのレギュレーターに搭載できるもので、1/2インチ用と3/8インチ用の2種類あるようです。取付けもとても簡単に出来ます。本体材質は、特殊アルミニウム合金なので軽さと強度は問題ないです。1stステージとの接続部にはショックダンパー機能が内蔵されておりますので、今まで2年くらい使いましたが衝撃で外れたことは一度もありません。水分を含ませるスポンジもフィルターも1年間は交換しなくても全く問題ありません。快適なダイビングにはお勧めです。