11.中性浮力の取り方
中性浮力とは、浮きも沈みもしない状態をつくることです。ダイビングの必要なスキルなので自然に対応出来ると安全で楽しいダイビングが満喫出来ます。
 
中性浮力の取り方
中性浮力は、ダイビング中一度中性浮力が取れればずっと取らなくていいというものではありません。ダイビング中に深いところや浅いところなど色々な水深に行くことになりますが、水深が変わるたびに中性浮力を取り直す必要があります。それでは、実際の中性浮力の取り方です。中性浮力は、次の3つの要素が重要になります。
1.ウエイト量
2.BCの中の空気の調整
3.呼吸での調整
 
1.ウエイト量
最初にウエイト量(おもり)ですが、軽すぎず重すぎない適正なウエイトが中性浮力を取りやすくします。それでは適正なウエイト量の見付け方です。ダイビング器材を全て装備している状態で海に入り、BCの中の空気を全部抜きます。体を立てている状態(上の写真のような感じ)で、大きく呼吸をします。息を吐ききった時に頭のてっぺんが水中に入り、大きく吸った時に目が水面に出るくらいのウエイト量がベストです。ダイビングを初めて間もないころは、これより少し重めの方がダイビング全体で見ると楽かもしれません。また重い分に関してはBCの調整で何とでもなるので、心配な時は重めにしましょう。またウエイト量は、ウエットスーツの種類やタンクの種類によっても変わります。同じ器材を使っていても体型の違いなどから個人差があります。自分に合う適正なウエイト量を見付けましょう。ただ実際の海ではこうしてウエイト量を測るためだけに、海に入るのは大変です。なのでいろいろ書きましたが、インストラクターに自分はどれくらいか聞くのが一番早いです。
 
2.BCの中の空気の調整
ここからが本題です。水深が深くなればなるほど体は沈み気味になり、逆に水深が浅くなればなるほど浮き気味になります。その時にBCの中の空気を出し入れして、沈み気味・浮き気味を無くしてやります。まずは体が沈み気味の時は、BCに空気を入れます。この時に気を付けておきたいのは、BCに空気を入れる時はちょっとずつ入れましょう。水中では、空気を入れた時も出した時も反動が返ってくるのが少し遅れます。一気に空気を入れてしばらくすると、そのまま水面まで「さようなら〜」となりかねません。「プッ」と入れたら1〜2秒待ってみる。それでもまだ沈み気味ならまた「プッ」っと入れて待ってみる。この繰り返しで入れましょう。どのくらい入れるかは、息を大きく吸った時に体が浮かび始めるぐらいで、息を吐いた時に体が沈み始めるくらいです。逆に空気を出す時は、多分体がすでに浮き始めている状態だと思います。そういう時は、一気に空気を出してあげましょう。先ほども述べたように水中では、反動が返ってくるのが少し遅いです。体が浮き始めているのにちょっとづつ抜いていたのでは、その間にどんどん水深が浅くなり、それにつれて更に浮き気味になり間に合わない可能性があるからです。ダイビングを始めたばかりの内だと分かりにくい部分ではありますが、なれる内に簡単にできるようになります。
 
3.呼吸での調整
BCでの調整が、出来たら次は呼吸の調整です。呼吸の調整は、簡単です。吐くのと吸うのを一定のリズムで行えばいいだけです。BCでの調整が上手くいけば、吐いた時に沈み始め吸った時に浮き始めます。また水中では、反動が返ってくるのに時間差があるので、吸った後に浮き始める前に吐き始める吐いた後に沈み始める前に吸い始めるこれを繰り返せば、同じ場所に留まることが出来るようになります。ボートダイビングの安全停止中などに練習してみましょう。練習する時は、ロープにすぐにつかまれる位置でロープの一箇所を目印にして練習すると浮いているのか沈んでいるのかすぐに分かります。ただ安全停止中なので、浮かび上がってしまうのには注意してください。