4.体力に自身がない、タンクも重そう・・・
ダイビングは若い人がやるスポーツ?体力がないと出来ない?などのイメージがあるかも知れませんが、実際に海に行って見るときっとビックリします!本当にさまざまな世代の方がご自身のスタイルでダイビングを楽しんでおられます。10〜70代の方に楽しまれています。ダイビングは、年齢・性別・体力に関係なく健康な方であれば、どなたでも楽しんでいただく事ができるスポーツです。
また、ダイビングは周りの方と競い合うスポーツではありませんので、みなさんのペースで楽しむ事が出来ます。
 
●タンクの重さは・・・
大きさや材質にもよりますが10kgから13kgほどあり、身に付けている装備を含めるともう少し重くなります。しかし、ダイビングを楽しむのは“海の中”つまり浮力のある世界です。お風呂に入ると体が軽くなったり、重さをそんなに感じなかったりします。タンクとダイビング器材を身に付けるだけだと、水に入ると“浮いてしまう”んです。(それくらい軽くなる)ですから、実際潜るときには沈むのに必要なだけのウェイト(つまり重り)を身につけます。陸上では重く感じるかもしれませんが、身に付けたまま長時間ウロウロすることはありませんので大丈夫。
 
慣れると・・・
ダイビングを始めたばかりの頃は、フィン(足ヒレ)をつけて泳いだりと、慣れない動作を行なうので、しんどさを感じるかもしれません。でも大丈夫!! ダイビングは潜れば潜るほど、経験を積めば積むほど体力を使わなくなるスポーツですので、楽になってきます。始めのうちは無駄な力がどうしても入ってしまいますので、その分、疲れやすいですが、慣れればそんなに体力を使う事はありません。ダイビングを楽しんでいただいている多くの方が女性で、小柄な方やご年配の方、今までスポーツに馴染みのなかった方もたくさんいらっしゃいます。心配事など何でも気軽にスタッフに相談して下さいね。