5.視力が悪くて心配・・・、コンタクトでも大丈夫?
マスクをすると水中では物が1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5ぐらいまでなら裸眼のままでも特に問題はありません。それよりも視力が悪い方は、度付きマスクを使用される事をオススメします。
 
ダイビングでのコンタクトレンズの使用は?
ドライアイの方や、コンタクトに慣れていない方などは、度付きレンズの方がいいでしょう。ダイビング後コンタクトが取れにくくなる場合がありますので、ご注意ください。またそれ以外の方も目の安全などを考えコンタクトよりも、度付きレンズにされる事をオススメします。ライセンス取得講習の際、水中でマスクに水を入れたりマスクを取ったりするスキル(マスククリア)の練習を行ないますので、コンタクトレンズが外れて流れてしまう可能性があります。特にハードレンズはマスクに水が入ったときなどに、ずれ易く外れてしまうことがあります。
 
コンタクトを使用される方は・・・
紛失の恐れがありますので、ソフトレンズの使い捨てタイプをオススメします。念のため予備のコンタクトを用意されるといいでしょう。
 
度付きマスクとは?
度付きマスクには、メガネのように矯正レンズがありますので、ご自身の視力にあった度付きマスクを使用すればダイビングを楽しむことができます。
 
度付きレンズを購入する時は?
眼タイプのマスクを選びましょう。メガネ店か眼科医のメガネ用処方箋をご準備ください。また目が疲れないように、軽い度数を選ばれることをオススメします。乱視・近視・遠視・老眼用レンズもありますのでスタッフに相談して下さい。
破損にご注意ください!
◆メガネ : ダイビング中ボート上や、メッシュバックの中にそのまま入れられている方がいますが、破損の恐れがありますので、必ずメガネケースに入れ、紛失しない為にもウォタープルーフバックの中に入れて保管してください。
◆マスク : メッシュバックの中に入れて保管する際は、購入した際にケースが付いてくると思いますので、その中に入れて保管してください。マスクカバーもオススメです。
    
(ウォタープルーフバック)     (マスクカバー)