■T-da事務局 : 奈良県奈良市
ダイビングチームT-daは、2004年に活動を開始した非営利ダイビングチームです。老若男女、ベテラン、ビギナー問わずで海が純粋に好きなダイバーの集まりです。
 トップページ
Top Page
 スタッフ
Staff
 ファンダイブ
Fan Dive
 
 ライセンス講習
Licence
 お問合せ・予約
Contact Us/Reservation
 ダイビングログ
Log
お薦めグッズ
Goods
 
ダイビング豆知識
Trivia
 
ダイビングポイント
Diving Point
 
  お得情報
Profitable information

■2010年■

 2010.12.18 伊豆海洋公園(IOP) IOP一番乗りで一番最初にエントリーしました。透明度は20m前後はあり、水温以外はちょっとリゾート気分。水温も17~18度で気温よりも暖かいので、そんなに苦にはならないくらいでした。12月とは思えない凄い人数のダイバー達がサンタなどの格好をして陸上、海中と楽しんでいました。1本目は2の根までノンビリ流して、2本目は砂地をメインにブリマチの根を堪能しました。





 
1本目 1の根~2の根
2本目 ブリマチの根


 2010.12.11 沖縄 ケラマ 沖縄は一日中ポカポカで気持ちの良いダイビング日和でした。水温24度、透明度20m前後とまずまずの海況。あまりにも海が穏やかで、外洋ポイントも潮どまりのタイミングで流れもなく、まったりダイビングでした 。大物には遭遇しませんでしたが、沖縄ならではの美しいサンゴと魚達に囲まれ楽しいダイビングとなりました。







 
1本目 サンドトライアングル
2本目 自津留先端
  3本目 黒島北


 2010.11.27 伊豆海洋公園(IOP) 北東の風で朝一番は結構ウネリが入っていて富戸への変更も考えましたが、本日はベテラン揃いということでIOPに。ENTRY&EXITは若干苦労しましたが、海の中は20mオーバーの透明度で、水温も22度。1本目はサクラダイ、カエルアンコウ、オビテンスモドキYg等が見られ、2本目のブリマチの根ではツバメウオ、カンムリベラYg、ミナミハコフグYg、クロホシイシモチ大群を見て久々のIOPを満喫しました。


1本目 1の根~2の根
2本目 ブリマチの根


 2010.11.20 和歌山 田辺 少し曇り気味でしたが11月としては暖かな天候で、海況もベタ凪でした。水温もまだ23度前後ありましたが、透明度は8~12mくらいで少し浮遊物が多かったですが、コアジの群れやソメワケヤッコ(Yg)や大きくなったムレハタタテダイ等たくさんの魚が見られました。ロックゲートではフリソデエビのペアが見られました。






 
1本目 ショウガセ
2本目 ロックゲート


 2010.10.23 和歌山 串本 天気予報がまたもや外れ、どんよりした曇り空でしたが海の中は水温も26度前後・透明度15mくらいとまずまずの串本2ボート。1本目は期間限定のポイント『アンドの鼻』に潜りましたが、アザハタの根には3匹のアザハタはいましたが、取り巻くクロホシイシモチが僅かで残念でした。2本目は住崎に入りましたが、カスミアジやタテキンの成魚、ヨスジフエダイの群れ等南方系の魚達が豊富で、リゾートダイビング気分を味わえる海でした。



 
1本目 アンドの鼻
2本目 住崎


 2010.09.25 伊豆 安良里 台風12号のため八丈島ツアーを中止しました。急遽西伊豆なら台風の影響が少ないということでマクロ天国の黄金崎へ行ってきました。伊豆も東海岸はほぼクローズという状況でしたので東伊豆の現地サービスが、たくさん来ており、珍しく黄金崎ビーチが混雑していました。ネジリンボウやフリソデエビ、クマドリなど中々のレア物が見られました。





 
1本目 黄金崎公園ビーチ
2本目 黄金崎公園ビーチ


 2010.09.18-19 沖縄本島 & ケラマ 運悪く台風11号が先島列島へ直撃ということで、急遽宮古島の予定を前日に沖縄本島へ変更。初日はさすがにボートは出せない状況で砂辺でのビーチダイブ。海の中は台風の影響はほぼない状態でした。2日目は慶良間へウネリの中出航。のんびりとしたダイビングでタイマイやネブリブカなどを見てきました。


1本目 砂辺No.1
2本目 砂辺No.1
  3本目 渡嘉敷 タマルル
  4本目 黒島北


 2010.08.28 和歌山 田辺 まだまだ真夏の8月最後の田辺ダイビング。若干のウネリの残る海況で、中層は白みがかっていましたが、全体的にはまずまずの透明度でした。ナカノシマでは稀少なキシマハナダイが見られました。ショウガセでは妖艶なオオカワリギンチャクの群生の中でサクラダイが出てきました。







 
1本目 ナカノシマ
2本目 ショウガセ


 2010.08.16 和歌山 串本 猛暑の中での気持ちのいいダイビング日和での串本でしたが、ウネリが入っていて外洋ポイントには行けずでした。が、透明度もそこそこで住崎ではスカシテンジクダイの群れに囲まれたアザハタが元気でした。








 
1本目 グラスワールド
2本目 住崎


 2010.07.24 神子元島 天気:快晴 | 気温:31℃ | 水温:24〜27℃ | 透明度:10〜20mと非常にいいコンディションの続く神子元。連日のハンマーリバーフィーバーの中、1本目はハンマー単体と3匹の群れ、メジロザメに遭遇。激流のような素晴らしい流れをかなり沖までドリフトをしての2本目。20匹くらいの群れが目の前に出現。若干透明度が落ちたところでの遭遇でしたが、3m前後の大きさのハンマー艦隊は見応え十分でした。

1本目 カメ根
2本目 カメ根


 2010.06.26 千葉 明鐘岬 都心から1.5時間で行けるお手軽な明鐘岬へ視察に行ってきました。ビーチエントリーで20mくらいまでの水深がとれるなかなか楽しいポイントです。ホタテウミヘビやハナアナゴ、イシダイ等もとても人懐っこく観察させてくれます。ネンブツダイやアジの群れやカエルアンコウやタツノオトシゴなどの人気者も見られました。水温が18度くらいでしたが、もう少し暖かくなると更に楽しいと思います。





 
1本目 おにぎり岩
2本目 お花畑


 2010.06.19 宮古島 明日から梅雨明けという宮古島。午前中は若干曇りという感じでしたが、序所に青空が広がりすっかり夏という海になってきました。強めの南風のため、伊良部島方面での3ダイブとなりました。ホールの中から見上げれば少し弱めの日差しですが、いつもながら幻想的なダイビングを堪能しました。白鳥崎ではミヤケテグリなどが見られました。

1本目 クロスホール
2本目 Wアーチ
  3本目 白鳥崎


 2010.06.12 和歌山 田辺 梅雨入り前日の最高のダイビング日和の田辺でOW講習。ビーチも気持ちよく、講習生は四苦八苦しながらもダイビングを楽しまれたようです。ショウガセでは水深30mくらいでクダゴンベが2匹姿を見せてくれました。








 
1本目 大屋ビーチ
2本目 ショウガセ


 2010.05.02-03 和歌山 串本 ピーカンのGW。2日間の串本ダイブは気温24度、海況も良く各サービスのボートがたくさん出ていました。海の中は若干の春濁りで白濁していましたが、サンゴも元気で快適なダイビングでした。ワカウツボやピカチュー、イエロージョーフィッシュが見られました。塔の沖では3mもある巨大なアカエイが登場しました。


1本目 シコロサンゴ群生
2本目 グラスワールド
  3本目 グラスワールド
  4本目 塔の沖


 2010.04.18 伊豆海洋公園(IOP) 4月というのに全国的な低気圧による寒波で昨日までは海も大荒れだったようですが、本日はウネリは残っていてEnt/Exitは結構大変でしたが、透明度は15-20mくらいと抜群でした。2の根では大きなコブダイが何匹も周りを悠々と泳ぎ、ネコザメやネンブツダイの群れ等も見られました。2本目のブリマチの根では水深30m付近でサクラダイも登場しました。
1本目 1の根~2の根
2本目 ブリマチの根


 2010.03.20 伊豆海洋公園(IOP) 春の3連休の初日は、気温が20℃近くまで上がる暖かい日になりました。ただ、南西からの風が猛烈に吹いており、伊豆では明日は更に大荒れになるそうです…。 海の中は透明度が8m以下で、水温が13℃~14℃です。遂に今年も本格的な春濁りが始まる時期に突入です。ナイトダイビングと思えるくらい暗い砂地を進むと、アカエイやサカタザメ、大きなヒラメ、カエルアンコウ等が見られました。





 
1本目 1の根~2の根
2本目 砂地~1の根


 2010.02.10-11 沖縄本島 全国的な低気圧で沖縄は2週間以上のぐずついた天気でしたが、何とか2日間潜ることが出来ました。冬の北風が奇跡的に吹かず、真栄田と砂辺でのジュニア・オープン・ウォーターの講習でした。透明度も10m以上あり、水温も22度以上と快適なダイビングでした。ジュニアダイバー2名の誕生です。おめでとうございます!!






 
1本目 真栄田岬
2本目 砂辺No.1


 2010.01.23 三浦半島 三戸浜 初めての三浦半島 三戸浜でのダイビングでした。都内から2時間弱で行ける海なのにちょっとしたリゾート気分になるような海です。富士山も綺麗に見ることもでき、寒さを除くと快適でした(気温9℃)。海の方はポイントまでボートで10分も掛からずこれも快適。いざ、寒さに耐えながらエントリーすると中層までは浮遊物が多かったのですが、下のほうは10m前後の透明度。アイナメ、カゴカキダイ、ネンブツダイ、メバル、マアジの群れ等が見られました。真冬の海で水温は14度で、さすがに寒さに耐えられず少し短めのダイビングとなりました。ふらっと行くには近くて楽しめるポイントなので、また暖かくなったら出掛けてみたいポイントでした。

←見え難いですが、富士山です 

1本目 三戸浜パラダイスポイント
2本目 三戸浜パラダイスポイント