■T−da事務局 : 奈良県奈良市
ダイビングチームT-daは、2004年に活動を開始した非営利ダイビングチームです。老若男女、ベテラン、ビギナー問わずで海が純粋に好きなダイバーの集まりです。
 トップページ
Top Page
 スタッフ
Staff
 ファンダイブ
Fan Dive
 
 ライセンス講習
Licence
 お問合せ・予約
Contact Us/Reservation
 ダイビングログ
Log
お薦めグッズ
Goods
 
ダイビング豆知識
Trivia
 
ダイビングポイント
Diving Point
 
  お得情報
Profitable information

■2011年■

2011.12.10 沖縄 ケラマ 雨&大シケで波高3mでしたが、何とかケラマまで出航できました。潜れるポイントが座間味島に限られ、3本ともまっ白な砂地が続く、癒しのポイントとなりました。ガーデンイールやヒメオニオコゼ、ウミテングなどの生き物がたくさんいました。今年の潜り納めはマッタリダイビングとなりました。AOWダイバーも誕生です!



1本目 トウマNo.1
2本目 トウマNo.2
  3本目 ドラゴンレディ


2011.11.27 千葉館山 伊戸 12月も間近というのに気温は18度もあり、10月くらいのポカポカ陽気でした。水温も18〜20度くらいあり、透明度も抜群でした。AOW講習でのダイビングでしたが、クエやアカエイ等も出迎えてくれ、講習生も伊戸の海を満喫していたようです。

1本目 沖前根
2本目 沖前根


2011.10.29 伊豆大島 1本目の秋の浜は水温も23度でしたが、2本目のケイカイでは17度。同じ伊豆大島でもポイントを変えると4度も違う水温にびっくりでした。透明度も特にケイカイは最高で場所によっては25m超!サカタザメやタカベ・イサキ等の群れが見られました。

1本目 秋の浜
2本目 ケイカイ


2011.10.15-16 伊東
両日とも朝は雨が降っていましたが、午後からは晴天で、水温も透明度も快適なダイビング日和でした。2名のOW講習生も順調にスキルをこなして無事に講習終了です。ビーチなのにサンマの大群が現れたり、講習生も大興奮の2日間でした。2人のダイバーの誕生です。









新井の浜(OW講習)


2011.9.23 神子元島 強烈な台風(15号)一過の神子元島。期待と予感のボルテージは最高潮にいざエントリー。しかし何とも残念な透明度。相当台風でかき回された海なので仕方はないですね。激流の中、イサキ・タカベの群れはもちろん、ワラサの群れは現れましたが、ハンマーリバーは期待も虚しくでした。辛うじて安全停止中に単体ハンマーとメジロが薄っすらと確認出来ました。
1本目 カメ根
2本目 カメ根


2011.9.18  串本 沖縄の台風15号と東日本の台風16号に挟まれた形での串本で、ウネリも大きく潜れるか微妙でしたが、予定通りダイビングが可能でした。備前ではミヤケテグリやミナミハコフグの幼魚が、グラスワールドではマゴチやセミホウボウ、モンハナシャコ等が見られました。

1本目 備前
2本目 グラスワールド


2011.9.10 八丈島 八丈ブルー全開の八丈島でした。固有種のユウゼンはそこら中でペアになっていました。ツムブリやカツオ、マグロ等の回遊魚やアオウミガメ、カマスサワラも登場し、楽しませてくれました。ハンマー等の大物も出そうな雰囲気満々の海でしたが、今回は残念ながら出て来てくれませんでした。番外編ですが、フットサルの大会でカビラと松木監督が来ていました。



1本目 局長浜
2本目 油戸(アブラド)
  3本目 コウラ


2011.9.3 沖縄ケラマ 大型台風12号で出発が危ぶまれましたが、何とか沖縄に到着。3本ともケラマを代表するポイントで、特にケラマ3大ポイントの運瀬ではイソマグロ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、ナンヨウカイワリの大物が続々と登場しました。昼の休憩時には海面マンタも出て来てケラマの底力発揮といったダイビングとなりました。
1本目 ムチズニ
2本目 トムモーヤ
  3本目 運瀬


2011.8.27 和歌山 串本 2つの台風11号/12号の接近に伴い、快晴なのに海況が少しずつ悪くなってきていて、ウネリ・流れが出ていた串本でした。串本では珍しいユカタハタも見られました。しかし透明度も余り良くなく、またもや1本でダイビングは中止しました。そろそろ本気の串本に潜りたいところです・・・





1本目 住崎


2011.8.9 串本 ようやく台風9号の爪痕も収まり、うねりもほぼ無い海況になり、絶好のダイビング日和でした。が、少々残念な透明度の串本でした。台風でかき回されたためか、魚達も少し姿を隠しているような感じでした。住崎ではイセエビやロクセンフエダイ、備前ではフリソデエビ達が登場しました




1本目 住崎
2本目 備前


2011.7.30 千葉館山 伊戸 東京を出発するときには豪雨でしたが伊戸に着くや否や晴天に。水温は8月真近というのに驚愕の17度。でも透明度は15mくらいあり、伊戸BOMMIE様のご協力で初めての伊戸を気持ちよく視察ダイビングさせて頂きました。ヨスジフエダイ幼魚や伊戸の顔であるクエのロッキーも登場しました。東京から2時間弱での素晴らしいポイントです。
1本目 沖前根
2本目 やりさい


2011.7.23 伊豆大島 超スローな台風6号のおかげで2週連続で海はいまいちでした。久し振りの伊豆大島に期待はするもののやはり台風でウネリもあり、海の中も掻き回されて透明度も残念な結果でした。イサキの大群,ウスバハギ,ミナミギンポ、アオサハギYg、ニジギンポ,ゾウアメフラシ等が見られました。

1本目 王の浜
2本目 ケイカイ
  3本目 野田浜


2011.7.17 和歌山 串本 台風の接近に伴い天気はピーカンなのに海はウネリ・流れありという海況でした。底揺れもしていて海の中が掻き回されている状況だったので、1本でダイビングは中止しました・・・。







1本目 イスズミ礁


2011.6.25 和歌山 田辺 天候は気温も30度以上と快適でしたが、遠くの台風の影響で海は波が高く、ウネリが入っていました。透明度も残念な状況でした。底揺れもあり、ゆっくりと魚を楽しむという感じではなかったですが、夏を感じるダイビング日和でした。

1本目 ショウガセ
2本目 ミサチジマ


2011.6.18 沖縄 粟国島 沖縄2日目は粟国遠征。期待通りのギンガメ玉。ギンガメを取り巻くカスミアジやグルクン等やイソマグロも登場しました。また、渡名喜島へ移動しナカマルではナポレオン、ロウニンアジ、ホワイトチップシャーク、マンタまで現れ大物スターが一気に勢揃いというダイビングとなりました。
1本目 粟国島 筆ん崎
2本目 渡名喜島 ナカマルGT
  3本目 渡名喜島 ナカマルドロップ


2011.6.17 沖縄本島 梅雨明けの沖縄はすっかり夏日で、気温も30度を超え、水温も28度くらいで透明度も最高のダイビング日和となりました。残波岬ツインロックでは雄大な地形を楽しみ、万座ドリームホールでは洞窟ダイブを楽しんだ後のドロップオフで青いスミレナガハナダイやカスミチョウチョウウオ等が見られました。
1本目 真栄田岬クマノミ城
2本目 残波岬ツインロック
  3本目 万座ドリームホール


2011.5.4  和歌山 田辺 今日は今シーズン初の和歌山でのダイビングでした。春濁りもアカクラゲも中層までで、透明度も6〜10mくらいで水温も16度くらいと少し低目ですが快適なダイビングとなりました。
ミサチジマではクエやコアジの群れが見られ、南部出し丘ではネンブツダイやハタンポの大群が出迎えてくれ、テーブルサンゴも元気でした。






   
1本目 ミサチジマ
2本目 南部出し丘


2011.4.23 伊東 朝から全国的な雨模様の中、伊東ダイビングサービス様のご協力での伊東での視察ダイブを行いました。残念ながらの天気のため、海の中は春濁りと暗い状態でした。水温は15度とまだ寒いですが、白根は70mまで落ちるドロップオフがあり、サクラダイやイセエビやピカチュウ等が見られました。満根でもキビナゴの群れやクロホシイシモチの群れなどがいました。




   
1本目 白根南
2本目 満根


2011.3.5 熱海 気温は朝早くは4度くらいでしたが、昼過ぎには10度くらいまであがり、海水温も14-15度と気持ちのいいダイビング日和でした。1本目は冬季限定ポイントの小曽我洞窟での幻想的な洞窟ダイビングを楽しみました。2本目は定番スポットの『沈船』へ。水深35mの砂地の海底に真っ二つになった80m級の砂利運搬船の姿は圧巻でした。


1本目 小曽我洞窟(こそがどうくつ)
2本目 沈船


2011.2.5 沖縄 ケラマ 朝から大雨でしたが、出港以降は晴れました。慶良間へ向かう途中でザトウクジラの大ジャンプ、帰りにもザトウクジラ親子のブローや背びれが楽しませてくれました。波高で潜れるポイントが限られるので3本ともまっ白な砂地が続く、癒しのポイントとなりました。ガーデンイールやヤシャハゼ、ウミテングなど、かわいい生き物がたくさんいました。ドラゴンレディでは映画「彼女が水着に着替えたら」で使われた飛行機の残骸を久し振りに見に行きました。

1本目 アリガーケーブル
2本目 ドラゴンレディ
  3本目 トウマ


2011.1.15 沖縄本島 寒波の影響で全国的な低気圧で沖縄も海は大荒れ!
波高6mなのでケラマへ出航出来ず、急遽ビーチダイブに切替えました。とは言え、真栄田岬にと思い行ってみるとClose。砂辺と水釜に入り、その後南下して山城海岸に。どのビーチもExitの際はかなりの波で大変でしたが、海の中は透明度も悪くなく15〜20mくらいはありました。水釜と山城海岸では他のダイバーも全くおらず、完全貸切でしたので少し贅沢な気分になりました。




1本目 砂辺No.1
2本目 水釜ケーブル
  3本目 山城海岸NO.1